お金

【毎月1000円電気代削減】電力会社を「あしたでんき」に乗り換えるだけ

あしたでんきの記事のアイキャッチ画像です。
妻・いちご
妻・いちご
夏場はエアコンをたくさん使うから電気代が心配。
簡単に電気代を削減する方法はないかな?

こんにちは。
ダイフク(@daifuku423) です!

毎日の生活に欠かす事ができない「電気」。

どうせなら安く使いたいですよね。

結論から言うと、

「東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力)従量電灯B 30A」から「あしたでんきの標準プラン」に切り替えただけで、電気代が月々約1000円安くなりました。

この記事がおすすめな方
  • 月々の電気代を少しでもいいので安くしたい
  • 電力小売自由化が始まったのは知っているがよくわからない
  • 新電力会社が多くて切替先がよくわからない
  • とにかくおすすめの新電力会社を知りたい

実際にあしたでんきに乗り換えたわたしが、あしたでんきの魅力についてたっぷりとお伝えします!

基本料金0円・解約手数料0円あしたでんきに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。約10分で手続き完了!

電力小売自由化について簡単に説明します

まずは「電力小売自由化」について簡単に説明します。

電力小売自由化を理解するポイントはたった2つだけ。

  1. 電気の購入先が自由に選べるようになった
  2. 送電網の管理は引き続き各地域の電力会社が行うので電気の品質・信頼性は変わらない

これらを簡単にまとめたのが下記の図になります。

図 電力小売自由化のイメージ図

電気の購入先を自由に選べるようになった

以前は各地域にある電力会社(東京電力など)から電気を購入するしかありませんでした。

なので電気代が高いなーと思っていても、個人としては節電するしか方法がなかったんですね。

この状況が2016年4月に電力小売自由化によって、地域の電力会社以外の事業者も電気を販売できるようになりました。

それに伴い、わたしたち自身が好きな事業者を選び、電気を購入できるようになりました。

つまり、これからは安く電気を販売している事業者から電気を購入した方がお得なんですね。

送電網の管理は引き続き各地域の電力会社が行う

地域の電力会社以外から電気を購入したら品質が不安になるかもしれません。

でも、電気の品質は今までと同じなので心配ご無用!

なぜなら電力の安定供給の要となる送電網は、電力小売自由化後も引き続き、政府か許可した各地域の電力会社が担当するからです。

このため、どこから電気を購入したとしても、これまでと同じ送電網を使って同じ品質、信頼性のある電気が自宅まで届けられるのですね。

妻・いちご
妻・いちご
電気の品質は変わらない♪
変わるのは電気料金だけ♪

基本料金0円・解約手数料0円あしたでんきに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。約10分で手続き完了!

あしたでんきの基本情報

あしたでんきとは

あしたでんきとは、東京電力ホールディングス発のベンチャー企業であるTREND株式会社が運営する電力小売りサービスです。

小売電気事業者の登録番号は「A0455」。

東京電力としてもこれまでの利用者を自社グループ内に留めておきたいという思惑もあるのでしょう。

どこからともなく現れた正体不明の企業ではないので安心ですね。

あしたでんきの提供範囲

あしたでんきの提供地域は東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリアになります。

残念ながら北海道エリア、北陸エリア、四国エリア、沖縄エリアの方は利用できません。

今後の提供エリア拡大が切望されますね。

いわゆる一般家庭向けの従量電灯B(関西・中国はA)相当の電力使用が対象で、従量電灯Cや法人の方は契約することができません。

あしたでんきの料金プラン

あしたでんきには「シンプルでわかりやすい」をコンセプトに2つの料金プランがあります。

価格は全て税込み表記です!

一般的なご家庭向けの「標準プラン」

基本料金0円+一律の従量料金

表 「標準プラン」各提供エリアの従量料金
エリア 従量料金[円/kWh]
東京電力 26.0
東北電力 26.0
中部電力 26.0
関西電力 22.0
中国電力 24.0
九州電力 23.0

使用料の多いご家庭向けの「たっぷりプラン」

基本料金3,000円+一律の従量料金

表 「たっぷりプラン」各提供エリアの従量料金
エリア 従量料金[円/kWh]
東京電力 21.5
東北電力 21.5
中部電力 21.5
関西電力 17.5
中国電力 19.5
九州電力 18.5
ダイフク
ダイフク
料金プランがシンプルでとってもわかりやすい!

基本料金0円・解約手数料0円あしたでんきに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。約10分で手続き完了!

あしたでんきに乗り換えた3つの理由

わたしがあしたでんきに乗り換えた3つの理由はこちら。

乗り換えを決めた3つ理由
  1. とにかく安い料金プラン
  2. 最低契約期間・違約金なし
  3. スマホで10分で完了する乗換え手続き

以下、詳細に説明していきます!

と、その前に前提条件です。

前提条件(乗換え検討時の状況)
  • 「東京電力 従量電灯B 30A」と契約していました
  • 2人暮らしで使用電力は月平均300kWh程度でした
  • 現在の居住地域では他社のガス会社に切替不可でした
  • 集合住宅につき太陽光発電機の設置不可でした

とにかく安い!

電力会社を乗り換えるにあたり他社との比較を徹底的に行いました。

わたしの調べた範囲では基本料無料、一律の従量単価で販売していたのはこちらの2社。

「楽天でんき」と「Looopでんき]です。

「楽天でんき」「Looopでんき」でんきとの比較

あしたでんきと2社の従量単価を比較してみました。

会社 あしたでんき 楽天でんき Looopでんき
単価[円/kWh] 26.0 26.5 26.4

純粋な単価はあしたでんきがとっても安いですね。

ただし、他社には特典による割引があるので補足します。

楽天でんき

楽天でんきは、電気料金200円につき1楽天ポイントのキャッシュバックが得られるので、実質0.5%引きの26.37円の提供となります。

また、楽天ポイントでの支払いが可能で、契約すると楽天市場でのお買い物時にポイント還元率が0.5%アップします。

あしたでんきの従量単価との差額0.37円を還元率0.5%上昇で得られるポイントで埋めようとすると

電力使用量が1月平均300kWhの場合

0.37[円/kWh]×300[kWh]×12ヵ月=1,332円

1,332円÷0.5%(0.005)=266,400円/年

ひと月あたり 約22,000円以上

の買い物を楽天市場で行う必要があります。

日常のお買い物を楽天市場でしているという方は「楽天でんき」の方がお得になるかもしれませんね。

わたしは現時点では楽天市場をそこまで利用していないので、楽天でんきよりも、あしたでんきがお得という結果になりました。

 

Looopでんき

Looopでんきは、ガスと同時契約で0.4円引き、自宅で太陽光発電した電気をLooopに提供すると1円引き等特典があります。

特に太陽光発電分を提供すると1円引きというのは大きいですよね。

戸建てでこのような設備が整っている方にとってはLooopでんきの方が安くなるのではないでしょうか。

しかし、我が家の場合はガス契約、太陽光発電契約のいずれも適用できませんでした。

したがって、わたしの場合はLooopでんきよりも、あしたでんきがお得という結果になりました。


東京電力との比較

では、実際に東京電力と比較してどのくらい電気代がお得になるか計算した結果を以下に示します。

標準プラン たっぷりプラン 東京電力(B, 30A)
基本料金[円] 0 3,000 858
従量料金[円] 26.00 21.50 19.88(0~120kWh)
26.48(121~300kWh)
30.57(300kWh以上)

縦軸が電気料金、横軸が使用電気量、折れ線の青色が東京電力、緑色があしたでんき標準プラン、橙色がたっぷりプランです。

折れ線が下側にあるほど電気料金が安いことを示します。

グラフを見ると一目瞭然ですね。

電気使用量500kWh以下の範囲において、「あしたでんき 標準プラン」に乗り換えることが最もお得であることがわかりました。

ダイフク
ダイフク
常に1番下側に位置している標準プランがお得♪

次に東京電力と標準プランでどのくらい安くなるのか、差額を示したのが下記のグラフです。

縦軸が電気料金、横軸が使用電気量、折れ線が東京電力とあしたでんきの電気料金の差額を示しています。

電気使用量120kWh付近までは東京電力の方が従量単価が安いため差が小さくなっています。

その後、120kWhから300kWhまでは約1,000円300kWh以降は2,000円以上も電気代が安くなることがわかりました。

したがって、わたしの場合は

月平均300kWhの電気を使用するので、月あたり約1,000円

年間で考えると

1,000円×12か月=12,000円もの電気代を節約

することができる見込みです。

妻・いちご
妻・いちご
毎年ディズニーランドに行けちゃうね♪

基本料金0円・解約手数料0円あしたでんきに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。約10分で手続き完了!

最低契約期間・違約金なし

あしたでんきには最低契約期間・違約金どちらもありません!

実際に切り替えてみて気に入らないことがあったら、すぐに元の電力会社に変更することができます。

携帯会社とは違って何年縛りがなくて良心的ですよね。

スマホで10分で完了する乗換え手続き

詳細は後述しますが、あしたでんきの申し込みはスマホで10分で完了します。

書類を書いて郵送なんて面倒なことは一切ありません。

申し込み手続きを終えたらあとは待っているだけで、次の検針日に電力会社が切り替わり供給が始まります。

あしたでんきの申し込み手順と利用開始までの流れ

申し込み手順

準備するもの

  • 検針票(料金明細)
  • クレジットカード
  • スマートフォン

検針票に載っている「供給地点特定番号」「お客さま番号」が必要になります。

クレジットカードは支払先の設定に使います。

申し込み手順

②「あしたでんき」のHPに移動します。

③「お申し込みはこちら」をクリックして、画面の指示に従って必要項目を入力します。

  • 利用状況の入力
  • 利用規約に同意し、利用するプランを選択
  • アカウント情報の登録(マイページの利用時に必要になります)

ここで、一度メールが届きます。

届いたメールに記載されているURLから続きの登録をします。

  • 検針票の情報を入力
  • 支払い方法の入力

④お疲れさまでした!以上で申し込みが完了です。

わたしの場合はスマホで10分ほどで完了しました。

もちろん初期費用や手数料も一切かかりません。

利用者が実際に作業するのはここまで!

この後の切替に伴う作業は全てあしたでんきが行ってくれます。

基本料金0円・解約手数料0円あしたでんきに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。約10分で手続き完了!

申し込み後から利用開始までの流れ

繰り返しになりますが、ここからの作業は全てあしたでんきが行ってくれますので、利用者は何もする必要はありません。

①供給開始日の通知
おおよそ1週間程度でメールで連絡が来ます。

②スマートメーターの設置作業
スマートメーターにすでに切り替わっている方は不要です。
交換が必要な場合もその費用は無料、屋外の作業なので立会いも不要です。

③現在の電力開始者の解約
あしたでんきが解約手続きを行ってくれます。

④利用開始
あしたでんきは次回の検針日が切替日となります。
申し込み日と検針日が近いほど、すぐに利用できることになります。

基本料金0円・解約手数料0円あしたでんきに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。約10分で手続き完了!

あしたでんきのメリット・デメリット

メリット

  • セット割を適用しなくとも電気代が月々約1,000円お得になる
  • スマホで10分で申し込みが完了する
  • その後、自分で何もしなくても電力会社の切り替えが完了する
  • 毎日の電気使用状況をスマホで確認できる
ダイフク
ダイフク
10分の作業で永続的に1,000円固定費が下がったのはとっても嬉しい!

デメリット

  • あしたでんきが提供されていない地域がある
  • 現在の電力プランによっては安くならないこともある
  • 決済方法はクレジットカードのみ
  • セット割引がない
妻・いちご
妻・いちご
日本全国対応ではないのはちょっと残念。
セット割引によってはもっとお得な会社があるかもしれないね。

まとめ

「東京電力 従量電灯B 30A」から「あしたでんき 標準プラン」に変更することで毎月の電気代が約1,000円安くなりました。

東北エリア、東京エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリアにお住まいであればあしたでんきを利用することが可能です。

あしたでんきは基本料金0円、従量単価一定のわかりやすいプランです

スマホから10分あれば申し込みが完了し、後は何もせずに切り替えが完了します。

万が一気に入らなくても解約手数料0円で、いつでも解約することができます。

毎月の固定費を削減すれば、細々とした節約をせずとも家計を楽にすることができます。

浮いたお金を投資に回すもよし。

ちょっと豪華な食事をして気分を高めるもよし。

何をするかは人それぞれですが、そんな生活をするための一歩として

まずは電気代を削減をすることから初めてみませんか?

基本料金0円・解約手数料0円あしたでんきに切り替えるには、スマホから申し込むだけ。約10分で手続き完了!

これだけ読めば間違いなし!
食材配達はヨシケイ!栄養士の献立をレシピ通りに作るだけ!の画像です。 毎日の家庭料理は「7つの基本レシピ」で考えるの画像です。