おすすめサービス・製品

【最低限必要な調理器具9選】置物にならない!スタメンを紹介

結婚を機に料理を始めた主夫が厳選した最低限必要な調理器具9選の画像です。
妻・いちご
妻・いちご
料理を始めたいけど、調理器具がいっぱいあってよくわからない!
最低限必要な調理器具を教えて欲しいな。

こんにちは。
ダイフク(@daifuku423)です!

この記事では、料理を始めるために最低限必要な調理器具9選をご紹介します。

この記事を読むべき方
  • これから料理を始める方
  • どんな調理器具が必要なのかわからない方
  • 最低限必要な調理器具を知りたい方

「一人暮らしを始める」「結婚を機に本格的に自炊をしたい」となるとまず必要なものは調理器具ですよね。

わたしも結婚を機に本格的に家庭料理を作り始めました。

新婚生活を始めるにあたって、あれも欲しい、これも欲しいとたくさんの調理器具を購入しました。

しかし、結婚して早1年半が経過した現在。

調理器具の明暗ががはっきりと分かれてきました。

そこでこの記事では、わたしが現在もほぼ毎日使っている調理器具を9つに厳選してご紹介します。

これさえ準備するだけであなたも今日からすぐに料理を始められますよ。

それでは、さっそくどうぞ!

はじめに

調理器具は100円ショップでも販売されていますが、全てを安物で揃えることはおすすめしません。

最初からブランド物や高級なものを買う必要なありませんが、予算の範囲内である程度のものを購入することをおすすめします。

使い勝手が良く、長持ちするので長い目で見ると経済的です。

また、長く同じ道具を使っていると愛着がわいてくるので、料理をする度に幸せな気持ちになれますよ。

ダイフク
ダイフク
びびっとくる調理器具に出会えますように!

最低限必要な調理器具9選はこれだ!

ご紹介する調理器具一覧はこちら!

調理器具9選
  1. 包丁
  2. まな板
  3. 計量器具
  4. フライパン
  5. 片手鍋
  6. 菜箸
  7. スプーン型レードル
  8. 耐熱ガラスボウル
  9. ザル

経験上、これさえあれば日常的に作る料理は何でも作れてしまいます!

これから個別に説明していきますね。

1.包丁

欠かせない調理器具といえば包丁ですね。

おすすめは三徳包丁・セラミック製です。

「三徳」とは、刃先が丸い形をした包丁で、肉も魚も野菜も何でも切れることに由来しています。

その中でもステンレス製よりも軽くて、切れ味が長持ちするセラミック製がおすすめ。

京セラ製のセラミック包丁を愛用していますが、1年半研がずにストレスフリーで使い続けられています。

持ち手のカラーバリエーションが豊富なのでお気に入りの1本が見つかるかも?

研ぎなおしが1回無料なのも嬉しいポイントです。

妻・いちご
妻・いちご
包丁の色を決めるのが楽しかったよ!

2.まな板

言わずと知れた包丁の相方ですね。

手元を広く使えると怪我防止に繋がりますので、大きめサイズがおすすめです。

怪我をしてしまうと痛いし、気分が落ち込みますからね。安全第一です。

まな板を使うと増えてくる傷は上達の証!

トントントントンいっぱい刻んでメキメキ料理上手になりましょう。

木製のまな板はプラスチック製と比べて柔らかく、包丁が刃こぼれしにくいのでおすすめです。

サイズが21cm~39cmの範囲で選択可能です。

乾燥させる際に便利なスタンド付き食洗器対応です。

3.計量器具

料理初心者にありがちなのがレシピを守らずに作って失敗することです。

そうならないために、計量カップ、大さじ、小さじは絶対に買い揃えましょう。

そうなるためには、醤油を小さじ1加えると味がこのくらい変化する、という感覚を養っていくことが大切です。

ダイフク
ダイフク
目分量で味付けができるとカッコいいけど、ちょっと我慢!

計量カップは電子レンジでちょっとした加熱ができるように耐熱性、電子レンジ対応品

大さじ、小さじは洗いやすいシンプルなものがおすすめです。

耐熱温度100℃、電子レンジ・食洗器の利用ができる計量カップです。

斜めから目盛りが読めるのも使いやすいポイント。

すり切りで大さじ1杯~小さじ1/8(〇〇少々に相当する量)まで計量可能なスプーンセットです。

妻・いちご
妻・いちご
塩少々まで測れるのは心強い!

4.フライパン

煮る、焼く、炒める、揚げる、茹でるなどほとんどの調理はフライパンにお任せあれ!

現在販売されているフライパンはくっつきを防止するコーティングをされているので、少ない油での調理を可能にしてくれます。

大きさは直径26cmが取り回しのしやすいサイズです。

以前は直径28cmを使っていたのですが、片手で扱うには少し重く感じました。

あと、複数コンロがある場合は鍋同士が干渉しないサイズを選ぶと使い勝手が良いです。

ご予算に余裕のある方は、少しグレードを上げると取手が取れたり、火加減の目安になるマーク付など便利機能が備わります!

ダイフク
ダイフク
取っ手が取れる~♪は少しお高めなので悩みどころ。
ダイフク
ダイフク
フライパンにはガス火専用、IH専用があるので注意!

こちらはガス火専用です。

こちらはIH専用です。

また、サブとして小さめの直径20cmのフライパンがあるとちょっとした時にもすぐに調理ができるので便利です。

こちらはガス火専用です。

5.鍋

汁物、煮物料理には深めのお鍋が便利です。

おすすめは直径22cmの両手鍋

カレー4皿分が作れるくらいの大きさです。なみなみにはなってしまうのですが。

フライパンで主菜を作りながら、鍋で煮物やお味噌汁を作れるとそれだけで立派な献立の完成です。

コンロが複数ある場合は、鍋同士が干渉しないサイズ選びを意識してくださいね。

汁物、煮物料理はあまり作らないよーという方は無くても大丈夫です。

こちらはガス火専用です。

こちらはIH専用です。

6.菜箸

食べる用の箸で調理しちゃうからいらないかな。

と、考える方もいるかもしれませんが、食中毒防止のためにもぜひ揃えてください。

あと菜箸がないと揚げ物する時に普通に火傷します。

わざわざ熱い思いはしたくないですよね。

おすすめは、軽くて使いやすい木製の滑り止め付です。

ダイフク
ダイフク
お肉触る用、それ以外用の2膳揃えると安心!

7.スプーン型レードル

1本あればお玉、ヘラ、スパチュラの3役をこなす万能調理器具です。

調理から盛り付けまで大活躍!

鍋底に残った細かな具材やソースを根こそぎすくい上げ、お皿に盛れます。

同様の製品は様々なメーカーから販売されていますが、おすすめは断トツで無印良品製です。

硬さや角度が絶妙で本当に使いやすいのでぜひ試して欲しい!

妻・いちご
妻・いちご
我が家では2本購入し、フル稼働で使っています。

8.耐熱ガラスボウル

卵を割りほぐしたり、粉物を混ぜたりするためにはボウルが必要になります。

ボウルの材質には、ステンレス製、樹脂製、ガラス製がありますが、一押しは耐熱ガラス製です。

耐熱ガラスとは、温度変化に強いガラスのことで、切った具材を入れてそのまま電子レンジやオーブンという使い方が気軽に可能です!

中でもわたしが信頼を寄せているのが、iwaki社製の耐熱ガラスボウル。

実家にはなんと、20年以上現役で活躍しているものがあります!!!

まずはサイズ違いのセット品を購入し、必要に応じて買い足しすればOKです。

透明なガラス製なのでそのまま食卓に出しても、意外とおしゃんてぃ。

ダイフク
ダイフク
iwaki社は耐熱ガラスを使用した製品を他にもいっぱい製造しているので、興味がある方は物色してみてください!

ボウルではないのですが、このパイ皿は、パイ作りだけでなく、餃子やパスタなどの盛り付けに使用しているお気に入り。大皿料理用として1枚いかがでしょうか。

9.ザル

ザルは水洗いした食材の水切り、切った食材の置き場として使用します。

熱いお湯をかけても変形する心配もなく、洗いやすいステンレス製がおすすめです。

耐熱ガラスボウルと同様に、まずはサイズ違いのセット品を購入し、必要に応じて買い足しすればOKです。

妻・いちご
妻・いちご
ザルの底が直接シンクに触れないようになっているので衛生的!

おわりに

これから料理を始める方に向けて最低限必要な調理器具9選をまとめました。

料理をするにはこんなものが必要なんだなと理解していただけたなら幸いです。

だんだん料理が楽しくなってくると、鉄のフライパンが欲しい、良い包丁が欲しい等、いろいろと欲が出てくると思います。

その時はご自身の欲望の赴くまま買い足してくださいね!

いざ料理を始めると毎日の献立作りに苦労されると思います。

わたしが実践している毎日の献立を考えるコツを「毎日の家庭料理は「7つの基本レシピ」で考える」にまとめてありますので、こちらも併せてご覧ください。

毎日の家庭料理は「7つの基本レシピ」で考えるの画像です。
毎日の家庭料理は「7つの基本レシピ」で考える こんにちは。 ダイフク(@daifuku423)です! この記事を読むと以下のことがわかります。 毎日の家...

また、どうしても忙しい日には、送料無料食材とレシピをお届けしてくれる食材配達ヨシケイがおすすめです。

我が家もたびたび助けられています。

https://daifuku-kitchen.com/yoshikei

それでは今回はこの辺で。
ダイフク(@daifuku423)でした。

ダイフク
ダイフク
Twitterではブログ更新情報や140字レシピを発信中!
気になる方はダイフク
(@daifuku423)をフォローしてね!
これだけ読めば間違いなし!
食材配達はヨシケイ!栄養士の献立をレシピ通りに作るだけ!の画像です。 毎日の家庭料理は「7つの基本レシピ」で考えるの画像です。